知能検査 (WAIS−III) の結果

知能指数 (IQ) はあまりにもカジュアル化していてよく分からない存在になっているが、大人になってちゃんとした検査を受けたことのある人は少ないのではないだろうか。私はADHD/ASDに関連して自分の特性を知っておきたかったので、通っている医院にて検査を受けた(必要な検査扱いだったためか、検査料は思いの外安かった)。

ちなみに受けた検査はWAIS−III(ウェクスラー成人知能検査 第3版)で、検査実施は2018年10月。最新はWAIS-IV(2018年出版)なので、今受けたらWAIS-IVかもしれない。なお、検査の実施には専門知識が必要なので(日本では臨床心理士によって実施されることが多いようである)、ネット上に転がっているもので遊ぶのはやめよう。

結果

 言語性動作性全検査 
IQ144131140

 言語理解知覚統合作動記憶 処理速度
群指数138130132100

感想としては、薄々感じてはいたが、IQがめちゃくちゃ高い(ちなみに上位0.4%ぐらい)。もちろん発達障害であるからには凸凹があるはず(私にとっては普通だが)で、パッと見で分かるのは「言語性>動作性」と、「処理速度だけ人並み」ということだ。

「言語性>動作性」について

有意差があるとのこと(差の頻度7.0%, p>.05)。言語のほうが得意なのは感覚とも一致する。報告書によれば、
語彙力が豊富で、文章の中に多少わからない単語が合ったとしても、前後の文脈などから意味を推察することもできると思われます。また、抽象的な事柄に関しても、適宜具体的なたとえなどを使いながら適切に説明することができます。
とのこと。そうか。語彙や説明については意識して訓練してきた事柄でもあるので生まれつきなのかは分からないが、ともかく優れていることは間違いないらしい。語彙については、日本語の単語を何語知っているのか調べてみたい(追記: こちらのサイトで推定したところ104,404語とのこと。ちょっと多め)。

動作性IQについては、
視覚的な情報処理、記憶力も平均と比較して非常に高くなっていました。
とのこと。これでは障害感が薄いが、言語的な側面から通常期待されるほどには優秀にやれないことが、周りの人を戸惑わせるのかもしれない。

処理速度が人並みであることについて

「処理速度」だけはぴったり100と平均値(人並み)だ。報告書によれば、
事務的な手作業を速く行なうことは比較的苦手であることが分かりました。物事を処理する際に時間がかかってしまうことについては、スピードを求められない業務(量よりも質が優先されるような業務)を選択する、必要な時間を確保するための工夫を行なうなど、なるべく自分のペースで作業できるように環境を整えると良いでしょう。
とのこと。 処理速度だけ人並みなので、サボってるように見えるのかな(私は基本サボらない)。現職はスピード感は求められるものの、工夫すれば自分のペースで作業できる(そもそも誰にも監視されていない)ので、いい職場を選んだと思っている。9時18時でオフィスに出社するとか一生無理
機械的な単純作業や、やるべき事が明確な作業に関してはかなり早くこなすことが出来るので、作業を簡略化する(テンプレをあらかじめ用意しておく)などの工夫を行うと時間が短縮できることもあります。
うーん、でも眠くなるんだよね!

まとめ

「IQ高いからいいじゃん」と思うかもしれないし、確かに恩恵は計り知れないほどある。しかし、先程から述べているように「期待されるほどは優秀にやれない事柄がある」のは結構辛いものがある。本人にとっては普通だし一所懸命にやっているのに、周りを失望させる可能性があるからだ。

そしてこの手の得手不得手は程度の差こそあれ皆持っていると思う。(今の)私は性善説人間かつ人にさほど期待しない人間なのでなおさらそう思うのかもしれないが、サボっているのではないかと思ったり失望したりする前に、不得手である可能性を考えたり、不得手をどうカバーするかを考えてほしいものである。

このブログの人気の投稿

発達障害者は発達がアンバランスなのか

統計調査で自分の感覚を矯正する